メンタルヘルスケア 資格

MENU

メンタルヘルスケア資格を取る方法は?スクール・通信講座?

メンタルヘルスの資格といってもいろいろありますね。
メンタルヘルスマネジメント、メンタルケア心理士、心理カウンセラーなど様々です。
それぞれ特徴が違いますからしっかり比較して選ぶことが大事です。
たとえばメンタルヘルスマネジメントは大阪商工会議所が実施する資格で公的資格に分類されます。
I種・II種・III種の3つのコースがありそれぞれ難易度、合格率が違います。
このように資格の種類コースも様々です。
ですからまずは
どのメンタルヘルスの資格を取りたいのか、
それが決まったらどのレベルの資格を取りたいのか、
それは独学で勉強して取得できるのか難しいならスクールの講座などで勉強するなどを決めます。
独学で可能なら良いのですが、難しそうならスクールの講座で勉強するのですが、どこのスクールのどのコースを利用するのかなどを決めていかないといけないと思います。
料金や内容等も変わってくるのでそのあたりも比較していかないといけません。
まだ細かく決まっていないという方はケア資格ナビ 心理カウンセラーでまとめて資料を一括でもらって比較するのも便利だと思います。

メンタルヘルスとは

メンタルヘルスとは心の健康です。
人間はストレスの中で生活しています。
ストレスは悪いものというイメージがありますが、適度なストレスは人間には必要です。
過度なストレスになると、心は弱ってきます。
他人とかかわらない生活をしようと思っても、それは無理です。
他人とうまくつきあう、そのコツを学ぶことが生きていくうえで大事です。

 

人から言われたことをいつまでも考える人、人から何か言われても聞き流す人がいます。
ストレスの受け止め方もそれぞれ違います。
自分の言いたいことをいつも言えればいいですが、仕事がからむとそうもいきません。
人は悩みすぎると論理的な思考力が欠けてきます。
メンタルヘルスケアに専門的な知識を持った人は、論理的にこの問題に立ち向かうことができます。

 

メンタルヘルスケアの資格は、人間関係に悩む人が多い現代で企業に必要とされるものです。
心の病と一言でいっても、その病の形は人それぞれ違います。
その人に寄り添い、職場の状況を理解し、働きやすく、活気のある職場にすることが大事になってきます。
また、心の病気になる前に、病気を未然に防ぐことも役割のひとつです。
心の病気が進み、休職、離職に追い込まれると、その人の人生は大きく変わります。
企業にとっても人材の損失など、ダメージの大きいものです。

 

メンタルヘルスケアの資格は、企業にとって必要とされる資格になります。

メンタルヘルスの資格の種類

心理カウンセラーの資格にもいろいろな種類があります。
数が多すぎますし、特徴も違います。
もっといろいろな心理カウンセラーの資格の特徴を見てみたいという方は一括でいろりおな資料請求をして比較してみるのも良いのではないでしょうか。
こちらの心理カウンセラー資格なども参考にしてみてはどうでしょうか。