メンタルヘルスケア資格を取る方法

MENU

メンタルヘルスケア資格を取る方法

メンタルヘルスとは、精神的な衛生のことを言います。
これに関する資格には、様々なものがあるとされています。
公的なものとしては、メンタルヘルスマネジメント検定試験(大阪商工会議所が主催しているもので、一級に合格した場合は交流会への参加や人事スタッフ等を対象としたセミナーを受講出来る権利が付与されます)、他は民間資格でカウンセラーといったものが圧倒的に多いです。

 

民間資格の種類としては、非常に多く存在するといいます。
カウンセラーのライセンスとしては、事前に講習等を受講することから始まります。
講習等ですが、受講費用は二十万円以上するものが多いとされています。
講座の受講に掛かった費用ですが、カウンセラーを業とする人にとっては経費として認められることになります。

 

公的ライセンスとしては、メンタルヘルスマネジメント検定であり、この試験の受験の対象者は職場のリーダー的な存在の人、人事スタッフが主となっています。
三級から一級まで在り、三級レベルについては職場の個々のスタッフがセルフケアの知識を得るためのものとなっており、二級及び一級の場合はリーダークラスや管理職者や総務での人事スタッフでスタッフマネジメントをどうするかという実践的な知識を得ることが出来ます。

 

費用としては、民間の試験の場合は費用が高額であるものの専業者にとっては経費となります。
また、公的な試験については安価とされておりリーダークラスの人の実務に活かせるものとなっています。
また、公的な試験についてはより身近なものとなっています。